本学大学院理工学研究科の横断型コース エネルギー・環境コースにおいて、ポスターコンペティションが8月26日(土)に野田キャンパスにて開催されました。
当日は、本学客員教授である株式会社ジャパンブルーエナジーの亀山光男氏の特別講演が行われたほか、当該コースに参加するさまざまな専攻の学生による24件のポスターコンペティションが活発に行われ、以下の学生が優秀研究発表賞及び学生賞に選ばれました。

<優秀研究発表賞>
・最優秀賞
機械工学専攻(早瀬研究室) 修士1年 櫛田 優太 君
シリコン電極薄型燃料電池の開発 -新形電解質膜の適用-
・2位
電気工学専攻(永田研究室) 修士1年 三浦 樹生 君
(Bi0.5Na0.5)TiO3系非鉛強誘電体セラミックスの脱分極温度に関する研究
・3位
経営工学専攻(堂脇研究室) 修士2年 黒田 祥平 君
CO2PSA,H2PSAと酸化金属を用いた複数段でのバイオ水素の低温脱硫システムの環境評価

<学生賞>
・最優秀賞
先端化学専攻(井手本・北村研究室) 修士2年 大場 亨太 君
Ba2VO3の結晶・電子構造解析および低温における電気特性
・2位
経営工学専攻(堂脇研究室) 修士1年 佐藤 聖史 君
LCAを考慮した家庭用燃料電池システムにおける環境的統合化指標の提案
・3位
機械工学専攻(早瀬研究室) 修士2年 白井 領 君
シリコン電極薄型燃料電池の開発 -Au-Pd-Pt多層触媒の開発-