理工学研究科・横断型コース・エネルギー・環境コース
2019年度 ポスターコンペティション(開催報告)

2019年8月31日に理工学研究科・横断型コース・エネルギー・環境コースのポスターコンペティションがDOWAホールディングス株式会社様の協賛を頂き、盛大に行われました。新たに、ここ野田キャンパスに新7号館が9月11日にオープンするのに合わせ、同会場6階の講堂で外部講師による講演会、ショートプレゼンテーション、2階の共創エリアのオープンスペースでポスター発表が開催されました。講演会セッションでは、本学理工学研究科の明石教授の講演も含め、DOWAホールディングス株式会社の佐藤氏,岩手大学の宇井先生、株式会社ジャパンブルーエナジーの亀山氏、株式会社IHIの大庭氏よりご講演を頂きました。また、ポスターセッションでは、オープン参加を含め37件の発表があり、うち修士の学生を対象に教員及び外部講師の方々による優秀発表賞の審査、及び学生による学生賞の審査が行われました。なお、受賞者は以下の通りです。

<優秀ポスター発表賞>
最優秀賞
理工学研究科 先端化学専攻 修士1年 泉 皓仁
「カーボンナノチューブの表面修飾による誘導体の合成とその物性評価」
優秀賞(2位)
理工学研究科 機械工学専攻 修士1年 鈴木 陸
「燃料電池用圧力容器の最適設計に向けた変形の実験的評価と有限要素解析」
優秀賞(3位)
理工学研究科 先端化学専攻 修士1年 門脇 脩
「La6(W,Nb)O12系プロトン伝導体の導電特性と結晶・電子構造解析」

<学生賞(3名)>
理工学研究科 機械工学専攻 修士2年 髙橋 啓太
「シリコン電極薄型燃料電池の開発-1価の金イオンを用いた多孔質金層の形成-」
理工学研究科 電気工学専攻 修士1年 板倉 佑宇人
「急冷した (Bi0.5Na0.5)TiO3-ZnO複合体セラミックスの脱分極温度に関する研究」
理工学研究科 経営工学専攻 修士1年 三崎 千春
「燃料電池と水素吸蔵合金を搭載した電動アシスト自転車の開発に関する研究」

なお、各受賞者には副賞として、新7号館にオープンするUCCで使用できるプレシャスカードならびにタンブラーが授与されました。

本年度のポスターコンペティションでは、DOWAホールディングス株式会社様からの協賛して頂き、新たな実用的な研究の発展や寄付講座等を目標に、本コースでの取り組みについて大変有意義な情報交換が行われ、大変なご好評を頂きました。今後は、さらに横断型コースでの研究活動の活性化を図る意味でも、このような取組を推進していきたいと思います。