応用生物科学研究科大学院生が新生銀行主催「新生ハッカソン」において日経Fintech賞を受賞しました。

受賞 : 日経Fintech賞

受賞者 : 理工学研究科 応用生物科学専攻 修士課程1年 根岸 洸平

受賞題目 : 勾配ブースティングを用いた貸倒確率の予測

受賞内容 : 2018年3月19日から3月30日にかけてデータサイエンスに興味のある大学生、大学院生を対象にしたデータ分析コンテスト「新生ハッカソン」を新生銀行グループが主催した。約120名の応募者から選抜された11名の大学院生、大学生が、新生銀行グループが保有する個人向けカードローンの実際のデータを用いて、カードローン商品に申し込んだ顧客の1年後の貸倒確率を予測するモデルを約一週間に渡って開発し、 モデルの精度やアイデアの新規性・発展性を競った。最終日では11名の学生がそれぞれ約6分程度のプレゼンを行い、開発したモデルのフレームとアピールポイント、モデルを活用した分析結果について、日経Fintech編集長、株式会社お金のデザイン代表取締役社長、セカンドサイト株式会社取締役兼CTO、新生銀行常務執行役員、新生フィナンシャル株式会社代表取締役社長の5名の審査員に対して説明を行った。その結果、根岸君は入賞者4名のうちの1人に選ばれ「日経FinTech賞」を受賞した。

受賞日 : 2018年3月30日

※学年は受賞当時のものです。